FFFTPが止まるのを抑制する方法

FTPでファイル転送するときの定番ソフトとしてメジャーなフリーソフトと言えばFFTPですね。
私も使ってます。(^_^)
ところがFFFTPでファイルをアップロードしていると止まってしまうことがあるので困っていました。
・・・たくさんのファイルをアップして放置しておくと大体止まってる。(-_-;
特に大容量ファイルはヤバイ。小容量でも数が多いとヤバイ。
そんな感じでした。
そんなわけで、いろいろ設定を変えたりして試してみました。
効果があった方法がありましたので書いておきます。

FFFTPのバージョンは1.98eです。
このバージョンは暗号化に対応しているのですが、どうも止まってしまう原因は暗号化まわりにあるようです。
サーバーとの相性が関係するのかもしれません。

回避方法ですが・・・
———-
FFFTPを起動する。
 ↓
「接続」メニューから「ホストの設定」を選択。
「ホスト一覧」ウインドウが開く。
(FFFTP起動時に「ホスト一覧」ウインドウが開いていたらこの操作は不要)
 ↓
ホスト名を選択してから「設定変更」ボタンをクリック
 ↓
「ホストの設定」ウインドウが開く。
 ↓
「暗号化」タブをクリック。
 ↓
「暗号化なしで接続を許可」にチェックをつける。
他の項目はチェックを外す。
「暗号化なしで接続を許可」だけにチェックマークが付いているようにします。
 ↓
「OK」ボタンを押す。
———-
これで大体止まらなくなると思います。

要は暗号化しないようにするわけです。
一般的な使用なら暗号化しなくても危険性は低いと思いますが、リスクが全くないわけではありませんので、その点はご自分の判断でどうぞ。

私の環境では効果があったのですが、相性の問題だとすると効果が無い場合があるかも。

WPtouchが日本語表示にならないのを修正する方法

## この記事にある問題点は WPtouch 1.9.40 で修正されています。(2012.4.22 追記)##

WordPressをモバイル端末対応にしてくれるプラグインWPtouch。 良い感じなので、このサイトでも利用させていただいております。

このプラグインには日本語表示用の言語ファイルが付属しているのですが、普通にインストールしただけでは言語ファイルを認識してくれない場合があるようです。私の場合 WPtouch管理画面の [ WPtouch Language ] で Japanese を選択しても効果がありませんでした。

少しの修正で日本語表示に出来ましたので、その方法を書いておきます。

なおこの記事執筆時の当サイトの環境は WordPress 3.1.1、PHP 5.3.3 です。

以下の方法は WPtouch 1.9.39 の場合です。 今後のバージョンアップでこの問題は解消されるかもしれません。

======================

wptouchフォルダ内のlangフォルダを開きます。 その中にja_JP.moというファイルがあるので、wptouch-ja.moにリネームします。 リネームしたファイルをアップロードします。 もちろん、サーバーにアップ済みのファイルをリネームしてもかまいません。 ファイルの位置は、通常(特に変更していなければ) WordPressをインストールしたディレクトリ/wp-content/plugins/wptouch/lang です。

次にlangフォルダのフォルダ名をlanguagesにリネームします。

次に、wptouchフォルダ内にあるwptouch.phpを適当なエディタで開き、最初のコメント文の下(ver.1.9.39の場合は34行目 )の load_plugin_textdomain( ‘wptouch’, false, dirname( plugin_basename( __FILE__ ) ) ); を下記のように書き換えます。 load_plugin_textdomain( ‘wptouch’, false, dirname( plugin_basename( __FILE__ )). ‘/languages/’ );

書き換えた wptouch.php をアップロードします。

======================

これで日本語表示になるはずです。 (WPtouchのプラグイン管理画面も日本語になりますよ。)

うさかめ工房のサイトを独立させました。

ドメインを取得してサイトを独立させました。 旧サイト(http://www.freecgi.net/)はCGIに特化したサイトにする予定です。 今後はこちらが公式サイトとなります。 今のところ、とりあえずWordPressを入れただけの状態ですが、随時更新しますのでよろしくお願いいたします。

カスタムスクリプトのソースコード掲載は準備でき次第となります。 あしからずご了承のほど。