拡張子が.webmとか.vroのような動画ファイルが開けないとき試す価値がある簡単な方法

ダウンロードした動画ファイルなどに.webmなど馴染みの無い拡張子が付いていて、ダブルクリックすると「このファイルを開く方法を選んでください。」と言われてしまう。しかも開けるソフトが表示されていない。そんな経験があるかと思います。
こんなときは拡張子をキーワードにして検索して、変換ソフトを手に入れたりしますが、それが「怪しげなソフト」だったら、広告に悩まされたり、ウイルスに感染したりと悲惨な事になるかも。
そこで今回はノーリスクで動画ファイルを見えるように出来るかも知れない小技を紹介します。

すごく簡単、変換ソフトは使いません。だから安全で無料という訳ですね。
それは・・・『とりあえず拡張子を書き換えてみる』という単純な方法。
拡張子を変更するだけなので、うまくいかなかったとしても拡張子を元のように書き直せば良いだけです。(心配な方は元ファイルをコピーしてから試してください。)

この方法は、コーデック(符号変換用のデータみたいなもの)は入っているのに、アプリケーションと拡張子との対応が取れていないため再生できないときに有効です。
コーデックは市販の閲覧ソフトを入れたことがあると残っている場合があります。
以前は見えていたのに、ナゼか再生できなくなった時とか、フリーソフトを漁る前にちょっと試してみましょう。Windowsの設定画面からアプリと拡張子の紐付けをしても良いのですが、ダメだったとき戻すのが面倒だったり。(^^ゞ

音声だけ出て画像が出ない場合は、たぶん画像形式に対応したコーデックが入ってないので、フリーウェアのコーデック集を入れてみてください。
例えば、K-Lite Codec Pack とか。(私はコレ使ってます)
K-Lite Codec Pack をインストールしてから、同梱されている Media Player Classic を使えば拡張子が .vro のファイルでもそのまま再生できます。

vro はDVDビデオの形式ですが、プロテクトやコピーガードが効いている物はダメです。
webm はウェブからのダウンロード用として最近増えてきている形式です。今回はブラウザの表示をキャプチャする Chrome の機能拡張である screencastify の無料版で書き出したファイルで試しました。

動画ファイルの形式は拡張子だけで決まる訳ではないので、うまく行かない場合もあると思いますが、簡単だしダメ元でやってみても良いかと。

動画関係のフリーソフトには危険なのが結構あるので要注意です。
心配な方は市販ソフトの使用を。

Share This:

ESETがランサムウェア「TeslaCrypt」の暗号解除ツールを公開

ランサムウェアとはデータファイルなどを勝手に暗号化して復元キーの代金を請求する悪質なソフトですが、その一つであるTeslaCrypt(CrypTeslaとかvvvウイルスと呼ばれることも)の暗号解除キー(マスターキー)を使った解除ツールが無償で公開されています。
解除可能なのは「TeslaCrypt V3」と「TeslaCrypt V4」により暗号化されてしまった場合に限るようですが、万一被害に遭った場合には有効なツールですね。

詳しくは下記で!
http://canon-its.jp/eset/malware_info/news/160519/
ESET社の日本語版製品を取り扱う「キヤノンITソリューションズ」のページです。
解除ツールのダウンロードリンクもあります。

もちろんこのツールで全ての暗号化されたファイルが開けるようになる保証はありませんし、そもそも対応していない他のランサムウェアには効果がありません。

ランサムウェアの被害から守るためには「バックアップ」が唯一の対抗策と言われています。
内蔵ディスクの別ドライブ(D:など)や、常時つないでいる外付けハードディスクなども被害を受ける可能性があるので、バックアップを置く場所としては不適切ですよ。バックアップファイルの置き場はパソコン本体と繋いだままにしておかないように。
DVDやBDなどの光学ディスクに保管しておくのが安全かも知れません。

Share This:

フォトショップの.psd画像もエクスプローラーでサムネイルアイコンにしたい件。

Windowsでフォルダに入れた画像ファイルの中身ををちょっと確かめたい時、jpgやpngだったらエクスプローラーで普通に開くだけで、サムネイル表示ができて内容が解るので良いんですけど、フォトショップユーザーにはお馴染みのpsd形式だとアプリアイコンのままでサムネイルにならないので何の画像か解らないですよね。Adobe Bridge などのビュアーソフトは存在しますけど、ちょっとした確認のためだけに、いちいち起動するのは面倒。なんとかならないかなと探してみたら見つかりました。
エクスプローラーの表示を拡張するシェルエクステンション「SageThumbs」で、フリーソフトです。
インストールするだけでpsd形式のファイルでもアイコンとしてサムネイル画像が表示されるようになります。画像上で右クリックするとコンテキストメニューに「SageThumbs」が追加されていて、画像形式の変換等もここから出来るようになります。オプションから設定を変更するとコンテキストメニューには出さないようにも出来ます。
Windows10に入れてみましたが、問題なく使えています。コレ結構便利ですよ。
ただ、サムネイル画像にならないpsdもあるんだよな~…謎。

SageThumbsで検索すると色々なダウンロードサイトが出てきますが、変なのに引っかかるとアドウエアとか付いてきてしまいますよ。SourceForgeか窓の杜を利用するのが無難でしょう。

SourceForge
http://sourceforge.net/projects/sagethumbs/

窓の杜
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/sagethumbs/

イラストレーターの.aiファイルもサムネイル画像に出来るそうですが、別途「ghost script」が必要だそうです。
「ghost script」のインストールは面倒(確かパス設定とか厄介だった記憶が…)なので、やってませんけどね。(^^ゞ
ワタシの場合、.psdだけ見えれば良いので。

Share This:

次ページへ »