CMS

CMS

Movable Type 5 全製品、開発終了へ

2015年 7月17日(金)付けの記事によると、『Movable Type 5.2.x は、2015年9月30日で "EOL"(製品ライフサイクルの終了)となります。10月以降、Movable Type 5 全製品は開発終了となり、脆弱性対応を含めアップデートがおこなわれません。』とのことです。 セキュリティーアップデートも無いのであれば、MT6へ移行するか、WordPress など他のシステムに乗り換えですね。 MT離れ=WPユーザー増加・・・ってことになるのかな。 詳しくは Movable Type News のページで確認を。
CMS

Movable Type Open Source (MTOS) がVer.5.2.13になってます。

MTOSが2015年4月15日付でVer.5.2.13になっています。 今すぐ使わない場合でも一応落としておくのが良いかも。 いつの間にか公開終了っての、この世界では普通にありますからね・・・(^^ゞ MTOSのダウンロードはこちら(公式サイトに飛びます)
CMS

ownCloud Ver.7をインストールしてみた。

ownCloud(最初のoは小文字なんですね)といえばサーバー用のストレージアプリとして、メジャーですが、今回「バージョン7」を入れて見ましたので、超簡単なレポートを。 ownCloudは以前にインストールしたことがありますが、そのとき入れたのが「Ver.5」だったので、かなり違ってます。 作動条件としては、設置するサーバーでphpが使えることが必須です。 データベースはSQLiteが使えるサーバーであれば、MySqlとかは必要ありません。 無料サーバーなどでSQLiteも使えない場合は設置できません。
CMS

MTOS打ち止めだそうです。

シックス・アパート社からMovable Type Ver.6 以降はライセンス体系を変更し、Movable Type Open Source (Movable TypeのGPL版、以下MTOSと表記)の提供は行わない旨アナウンスがありました。 ---以下Movanle Typeのサイトから引用--- 本日7月10日に発表したMovable Type の最新版、Movable Type 6 からライセンス体系を変更します。 これまでは、商用版、個人無償版のライセンスに加え、コア部分を Movable Type Open Source (MTOS) として GPLでも提供してきました。Movable Type 6 からは、商用版、個人無償版のライセンスは継続しますが、MTOS の提供...
タイトルとURLをコピーしました