Windows 10 の 32bitを64bitにしようとしたらエラーで勝手に再起動。その原因は・・・

Windows 10 の32ビット版を64ビット版に変更するためクリーンインストールを試みたら、「needs to restart.」と言われて勝手に再起動を繰り返す状態に・・・。
その時のメモです。

ネット上の記事によると『32bit版で認証が通ったパソコンなら、64ビット版を新規インストール(クリーンインストール)しても認証される。ライセンス的にも問題ない。』とのことなのでやってみました。

ところが、32ビット版では問題なく作動していたのに、64ビット版をインストールしようとすると途中で

Your PC ran into a problem and needs to restart. We’ll restart for you.
If you’d like to know more, you can search online later for this error. KERNEL_SECURITY_CHECK_FAILURE

とのメッセージが出て、再起動を繰り返してばかりの状態になってしまいました。

Your PC ran into a problem and needs to restart.

検索してみると「ドライバが対応していないのかも」とか「ハードウエアの相性がどうの」とかの記事しか見つからない状態。(^^ゞ
まあ、そうだよね。
でも、クリーンインストールだから、ドライバが対応してないとかはないだろ。ハードウエアってのも心当たりがないし。32ビット版は全く正常だったし。
ふと、32ビット版と64ビット版の違いといえば認識できるRAMの上限値とか・・・と思いつき、RAMを交換してみたら、あっさり解決、無事64ビットのWindows10になりました。もちろん認証されましたよ。

このパソコンには4GBのRAMが2枚刺さっていたのですが、32ビット版では使わない(というか認識しない)部分にエラーがあったようです。
ま、「こんなこともあるよ」ってことで、ご参考まで。

Share This: