Windows 10 の 32bitを64bitにしようとしたらエラーで勝手に再起動。その原因は・・・

Windows 10 の32ビット版を64ビット版に変更するためクリーンインストールを試みたら、「needs to restart.」と言われて勝手に再起動を繰り返す状態に・・・。
その時のメモです。

ネット上の記事によると『32bit版で認証が通ったパソコンなら、64ビット版を新規インストール(クリーンインストール)しても認証される。ライセンス的にも問題ない。』とのことなのでやってみました。

ところが、32ビット版では問題なく作動していたのに、64ビット版をインストールしようとすると途中で

Your PC ran into a problem and needs to restart. We’ll restart for you.
If you’d like to know more, you can search online later for this error. KERNEL_SECURITY_CHECK_FAILURE

とのメッセージが出て、再起動を繰り返してばかりの状態になってしまいました。

Your PC ran into a problem and needs to restart.

検索してみると「ドライバが対応していないのかも」とか「ハードウエアの相性がどうの」とかの記事しか見つからない状態。(^^ゞ
まあ、そうだよね。
でも、クリーンインストールだから、ドライバが対応してないとかはないだろ。ハードウエアってのも心当たりがないし。32ビット版は全く正常だったし。
ふと、32ビット版と64ビット版の違いといえば認識できるRAMの上限値とか・・・と思いつき、RAMを交換してみたら、あっさり解決、無事64ビットのWindows10になりました。もちろん認証されましたよ。

このパソコンには4GBのRAMが2枚刺さっていたのですが、32ビット版では使わない(というか認識しない)部分にエラーがあったようです。
ま、「こんなこともあるよ」ってことで、ご参考まで。

Share This:

Yomi-Search が突然スクリプトエラーになった時の対処法

9月 24, 2012
Filed under: CGI, Tips, トラブル解決 

何もしていないのに、運用中の Yomi-Search にアクセスしたら・・・

Script Error
The script did not produce proper HTTP headers. Please see the error log to see the detail of the errors. Depending on the server configuration, you can also run thisscript under CGIWrap debugging. Usually, either rename or linkthe script temporarily to a file which ends with .cgidextension, or add a AddHandler cgi-script-debug .cgiline to your .htaccess file.

と表示されて、どうにもならない・・・
そんな場合は、task_ys.cgi が破損しているかも知れません。
task_ys.cgi の場所は Yomi-Search 設置ディレクトリのlogの中にあります。
たとえば Yomi-Search のシステムを ys というディレクトリに入れている場合は・・・ys/log/task_ys.cgi となります。
もし、ファイルサイズが0バイトとかになっていたら壊れてます。(-_-;
壊れているのが確認できる場合は元の(アップロードする前の)task_ys.cgi でサーバーのファイルを上書きコピーします。
壊れていることが確認できない場合は、サーバー上の task_ys.cgi をダウンロードしておくか、サーバー上でリネームしておきます。もしtask_ys.cgi が壊れておらず、他の原因だった場合に元に戻せるようにバックアップしておくということですね。
正常な task_ys.cgi が手元にない場合は、WonderLinkさんのサイトから Yomi-Search をダウンロードして、その中にある task_ys.cgi を使ってください。但しバージョンが違うとダメかも。
正常な task_ys.cgi をサーバーにアップロードしたらパーミッションを確認しておきます。
「666」「606」などになっていればOKです。
task_ys.cgi は、拡張子が .cgi になってますが、実態はデータ(パラメータ)なので実行権限は与えません。「755」「705」などではないので注意。
これで、Yomi-Search のトップーページにアクセスして正常に表示されればOKです。

突然 Script Error が出てしまう原因は他にもあるので、解決しない場合は 「Yomi-Search Script Error」などをキーワードにして検索してみてください。

Share This:

FFFTPが止まるのを抑制する方法

5月 28, 2012
Filed under: Tips, トラブル解決, フリーソフト 

FTPでファイル転送するときの定番ソフトとしてメジャーなフリーソフトと言えばFFTPですね。
私も使ってます。(^_^)
ところがFFFTPでファイルをアップロードしていると止まってしまうことがあるので困っていました。
・・・たくさんのファイルをアップして放置しておくと大体止まってる。(-_-;
特に大容量ファイルはヤバイ。小容量でも数が多いとヤバイ。
そんな感じでした。
そんなわけで、いろいろ設定を変えたりして試してみました。
効果があった方法がありましたので書いておきます。

FFFTPのバージョンは1.98eです。
このバージョンは暗号化に対応しているのですが、どうも止まってしまう原因は暗号化まわりにあるようです。
サーバーとの相性が関係するのかもしれません。

回避方法ですが・・・
———-
FFFTPを起動する。
 ↓
「接続」メニューから「ホストの設定」を選択。
「ホスト一覧」ウインドウが開く。
(FFFTP起動時に「ホスト一覧」ウインドウが開いていたらこの操作は不要)
 ↓
ホスト名を選択してから「設定変更」ボタンをクリック
 ↓
「ホストの設定」ウインドウが開く。
 ↓
「暗号化」タブをクリック。
 ↓
「暗号化なしで接続を許可」にチェックをつける。
他の項目はチェックを外す。
「暗号化なしで接続を許可」だけにチェックマークが付いているようにします。
 ↓
「OK」ボタンを押す。
———-
これで大体止まらなくなると思います。

要は暗号化しないようにするわけです。
一般的な使用なら暗号化しなくても危険性は低いと思いますが、リスクが全くないわけではありませんので、その点はご自分の判断でどうぞ。

私の環境では効果があったのですが、相性の問題だとすると効果が無い場合があるかも。

Share This: