超簡単なカメラ三脚ねじ穴位置補正具を作ってみた。

2016-5-17
カテゴリー: アイテム紹介, 作ってみた, 便利グッズ 

コンパクトカメラにありがちな、重心の位置からずれた三脚用のねじ穴。
軽量コンパクトな三脚だと倒れる危険が・・・。(コレ経験有り)
最近リーズナブルな価格帯でも売られるようになって人気急上昇のスタビライザーを使った動画撮影とかでもバランス悪くて傾いたりして。

この三脚穴の位置ずれ問題を何とかしたくて「ねじ穴ずらしパーツ」を自作しましたのでそのレポートです。
自作と言っても買ってきた部品を組み合わせるだけなので超簡単
部品は一般的なホームセンターやネジを扱う金物店等で買えるものばかりです。

カメラを三脚に取り付けるネジというと特殊な資材のような気がしますが、実は市販品が使えます。

一般用のデジカメや一眼レフ、ビデオカメラなどの三脚用ネジは、1/4インチで、ネジの太さ(直径)約6mm、長さ(カメラにねじ込まれる部分)4.5mmになります。
1/4インチのネジは規格上のサイズが2/8インチである事から「2分ネジ(にぶねじ)」と呼ばれることもあるそうです。なので売り場によってはそう書いてあるかも。
ISO規格で決まっているので、ほとんどのカメラはこのサイズのはずです。
規格上の表記は「 1/4-20 UNC 」になります。20は1インチ当たりのネジ山の数、UNCは「ユニファイ並目ねじ」を意味します。
もっと詳しく知りたい方は検索してみてください。(^^ゞ
(3/8インチの規格もありますが、こちらは一般的でないし、直径が約9mmと太めです。)
ポイントは「インチネジ」だと言うことです。「ミリネジ」ではないのでお間違いなく。
どちらなのかは売り場や商品ラベル等に明記してあると思います。

今回使ったパーツはすべてホームセンターの工具・資材売り場で購入しました。

●1/4インチの六角ボルト、長さ12mm。--- 1本
(商品棚にあった最短のがこれだったため)
(インチネジの棚に単に1/4とだけ書いてあったもの)
(工具無しで締められる「蝶ボルト」の方が良かった。今度買ってこよう。)
●1/4インチの蝶ナット --- 1個
●スプリングワッシャ1/4インチ用 --- 3個
(買ったネジが長すぎるので調整用として購入、使ったのは2個)
●Uボルトプレート1/4インチ用 --- 1個
(配管に使うパーツでU字型のボルトと一緒に使うもの。今回はプレートのみ購入。)
(全長約73mm、幅約13mm、厚さ約3mm ※サイズはお使いのカメラに合わせて選択を。)
(厚さ3mmだと蝶ナットを2.5mmしかねじ込めない計算になる。)
(厚さ2mm位が適当なのかも。薄いと強度が不安、振動にも弱くなるが。)

ネジ1本からバラ買いできる店なので、総額99円(税込み)でした。
バラ買いできない店でも数百円で揃うのでは・・・。

カメラ取り付け時に落としてしまわないよう注意して!
クッションなど柔らかい物の上で取り付けた方が安全ですよ。
カメラの三脚穴にねじ込むときにカメラ本体を傷つけないように。
Uボルトプレートにビニールテープを巻いておくと傷防止に効果あるかも。
ネジは適度な強さで締めてください。
弱すぎると外れるし、強すぎると取れなくなったり壊れたり、トラブルの元ですよ。