拡張子が.webmとか.vroのような動画ファイルが開けないとき試す価値がある簡単な方法

ダウンロードした動画ファイルなどに.webmなど馴染みの無い拡張子が付いていて、ダブルクリックすると「このファイルを開く方法を選んでください。」と言われてしまう。しかも開けるソフトが表示されていない。そんな経験があるかと思います。
こんなときは拡張子をキーワードにして検索して、変換ソフトを手に入れたりしますが、それが「怪しげなソフト」だったら、広告に悩まされたり、ウイルスに感染したりと悲惨な事になるかも。
そこで今回はノーリスクで動画ファイルを見えるように出来るかも知れない小技を紹介します。

すごく簡単、変換ソフトは使いません。だから安全で無料という訳ですね。
それは・・・『とりあえず拡張子を書き換えてみる』という単純な方法。
拡張子を変更するだけなので、うまくいかなかったとしても拡張子を元のように書き直せば良いだけです。(心配な方は元ファイルをコピーしてから試してください。)

この方法は、コーデック(符号変換用のデータみたいなもの)は入っているのに、アプリケーションと拡張子との対応が取れていないため再生できないときに有効です。
コーデックは市販の閲覧ソフトを入れたことがあると残っている場合があります。
以前は見えていたのに、ナゼか再生できなくなった時とか、フリーソフトを漁る前にちょっと試してみましょう。Windowsの設定画面からアプリと拡張子の紐付けをしても良いのですが、ダメだったとき戻すのが面倒だったり。(^^ゞ

音声だけ出て画像が出ない場合は、たぶん画像形式に対応したコーデックが入ってないので、フリーウェアのコーデック集を入れてみてください。
例えば、K-Lite Codec Pack とか。(私はコレ使ってます)
K-Lite Codec Pack をインストールしてから、同梱されている Media Player Classic を使えば拡張子が .vro のファイルでもそのまま再生できます。

vro はDVDビデオの形式ですが、プロテクトやコピーガードが効いている物はダメです。
webm はウェブからのダウンロード用として最近増えてきている形式です。今回はブラウザの表示をキャプチャする Chrome の機能拡張である screencastify の無料版で書き出したファイルで試しました。

動画ファイルの形式は拡張子だけで決まる訳ではないので、うまく行かない場合もあると思いますが、簡単だしダメ元でやってみても良いかと。

動画関係のフリーソフトには危険なのが結構あるので要注意です。
心配な方は市販ソフトの使用を。

Share This:

Windows 10 の 32bitを64bitにしようとしたらエラーで勝手に再起動。その原因は・・・

Windows 10 の32ビット版を64ビット版に変更するためクリーンインストールを試みたら、「needs to restart.」と言われて勝手に再起動を繰り返す状態に・・・。
その時のメモです。

ネット上の記事によると『32bit版で認証が通ったパソコンなら、64ビット版を新規インストール(クリーンインストール)しても認証される。ライセンス的にも問題ない。』とのことなのでやってみました。

ところが、32ビット版では問題なく作動していたのに、64ビット版をインストールしようとすると途中で

Your PC ran into a problem and needs to restart. We’ll restart for you.
If you’d like to know more, you can search online later for this error. KERNEL_SECURITY_CHECK_FAILURE

とのメッセージが出て、再起動を繰り返してばかりの状態になってしまいました。

Your PC ran into a problem and needs to restart.

検索してみると「ドライバが対応していないのかも」とか「ハードウエアの相性がどうの」とかの記事しか見つからない状態。(^^ゞ
まあ、そうだよね。
でも、クリーンインストールだから、ドライバが対応してないとかはないだろ。ハードウエアってのも心当たりがないし。32ビット版は全く正常だったし。
ふと、32ビット版と64ビット版の違いといえば認識できるRAMの上限値とか・・・と思いつき、RAMを交換してみたら、あっさり解決、無事64ビットのWindows10になりました。もちろん認証されましたよ。

このパソコンには4GBのRAMが2枚刺さっていたのですが、32ビット版では使わない(というか認識しない)部分にエラーがあったようです。
ま、「こんなこともあるよ」ってことで、ご参考まで。

Share This:

Windows 版 VMware Player 上の Mac OS X Snow Leopard を使って El Capitan をインストールしてみた。

2015-11-9
カテゴリー: Macネタ, Tips, インストールしてみた 

Windows 版の VMware Player で動いている OS X 10.6.8 Snow Leopard から OS X 10.11 El Capitan をインストールする事ができたのでそのメモです。
この方法ではコマンドを使う必要が無いので、ターミナルを起動したりしなくて良いです。
Snow Leopard をアップデートするのではなく、El Capitan を新規にインストールする形になります。

VMware Player に unlock-all-v130 が適用済みであり、Mac OS X 10.6.8 から「OS X El Capitan インストール」ファイルがダウンロード済みであることを前提に、実際に El Capitan の仮想マシンを立ち上げるまでを書いてみました。

OS X 10.11 インストーラの位置

今回のインストールに関してはWill feel Tips さんの記事を参考にさせていただきました。必要なツールの入手先などは Will feel Tips さんの記事をご覧ください。
参考にさせていただいた記事では「OS X 10.10 Yosemite」を使ってインストール環境をつくりますが、「OS X 10.6.8 Snow Leopard」からではうまくいきません。Snow Leopard ではSUDOでインストールディスクを作る際にエラーが発生してしまいます。
============================
Failed to start erase of disk due to error (-9999, 0).
A error occurred erasing the disk.
============================
このエラーを回避する方法をいろいろ試した結果、コマンドを使わないやり方でインストール出来ることが解りました。
続きを読む

Share This:

次ページへ »