スクエア・エニックスのアカウントを狙ったメールに注意!

2013-7-29
カテゴリー: セキュリティー, ネットネタ 

最近、頻繁に「スクエア・エニックスのアカウントが・・・」というメールが来ます。
私はそこのアカウントを持ってないので、即「フィッシングだな」と気づきましたが、アカウントを持ってる人なら思わず開いてしまいそうなメールです。中身は偽のURLに飛ばせてIDとパスワードを入力させ盗み取るという定番のフィッシングメールです。
偽URLは一見しただけでは本物と誤認してしまいそうな巧妙なものですが、本物のURLとは微妙に違います。ウチに来たメールではsquare-enixの部分がsquaie-enixになってました。(これは一例、他にもいろいろなパターンがあるようです。「エニックス スパム メール」等のキーワードで検索するとたくさんヒットします。)

メールソフトで迷惑メールに指定しましたが、いろんなパターンで送られてくるのでキリがない(怒)

こんなメールが届いても、興味本位でURLをクリックするのは絶対に止めましょう。飛び先のページにウイルスが仕込まれていることもあります。
メールを開くのもやめておいた方がいいです。
私は開かずにプリントプレビューで見ました。他の手としてはテキストファイルとして保存してから見るとかですかね。もちろんこれで安全というわけではないですよ。
※メールソフトによっては開かないとプリントしたりテキスト保存出来ない物もあります。開いてからでは意味がありませんのでご注意。

もし、メールを開いたり、偽URLにアクセスしてしまったら即ウィルスチェックを。
ウイルス対策ソフトは当然入ってますよね~。
「クイックスキャン」等ではなく「フルスキャン」等の詳しくチェックできるモードで。
スクエア・エニックスのアカウントを持ってる方だったら、ご自分のブックマークから飛ぶなど、安全な方法でスクエア・エニックスのサイトに行って即パスワードの変更を。

今回、送られてきたメールアドレスは昔アフィリエイトサイトの登録専用に使っていたものです。
他には一切使ってないので、どこかのサイトから流出したのかな。
複数のサイトに登録していたので特定は出来ませんが、中には廃業したのもあるのでその辺からかも。なお、現在は万一流出しても何処に登録した物か識別出来るようにメールアドレスを全て変えています。
こんな時、「メールアドレス無制限」のサーバーは便利ですね。

スクエア・エニックスが注意喚起
http://store.jp.square-enix.com/news/item/3326
(本物ですが、飛び先でのURLチェックはぬかりなくお願いします。)

Share This:

MTOS打ち止めだそうです。

シックス・アパート社からMovable Type Ver.6 以降はライセンス体系を変更し、Movable Type Open Source (Movable TypeのGPL版、以下MTOSと表記)の提供は行わない旨アナウンスがありました。

—以下Movanle Typeのサイトから引用—
本日7月10日に発表したMovable Type の最新版、Movable Type 6 からライセンス体系を変更します。
これまでは、商用版、個人無償版のライセンスに加え、コア部分を Movable Type Open Source (MTOS) として GPLでも提供してきました。Movable Type 6 からは、商用版、個人無償版のライセンスは継続しますが、MTOS の提供は行いません。これまでに配布した MTOS については、そのライセンスは今後も有効でありつづけます。
——
とのことです。

ということは「Ver.6ベースのMTOSは提供しません」という解釈でいいのかな。

今のところGPL版のMTOSはこちらのページからダウンロードできます。
バージョンは5.2.7です。(当記事執筆時点2013.7.16に確認)
ページ中程にダウンロードリンクがあります。必要項目を入力してダウンロードボタンを押す、又は「このフォームをスキップしてダウンロード (すでに一度入力済みの場合など)」をクリックでダウンロードボタンのあるページに飛びます。
右上のメニュー部に「MTOS のダウンロード」と書かれたリンクがありますが、ここからはナイトリービルド(安定版ではない)に行ってしまいます。(@_@;
今後公開中止の可能性もありえますので、必要な方は今のうちにダウンロードしておいた方が良いかも。
ライセンスは今後も有効ということなので、MTOSを使い続けることに問題はないようですが、セキュリティーアップデートも無いってことなのか? そこは気になりますね。

Share This: